本日もお立ち寄り
ありがとうございます。


迷う時は後悔のない方…
って
後悔は先に立たぬから迷うんじゃーー!
どっちにしろ絶対後悔するから
迷うんじゃーーー!
メンのタルが安定する
強めのお薬的
コメント♪ポチ♪ 
お待ちしております…




ホントは夜便ででも
ご報告しようと思っていたのですが…
べらぼうにバタバタしており
昼便でのご報告になりました。




IMG_9431



去る日曜日の
蔵里譲渡会。




IMG_9432



保護犬ちゃん達も
張り切って参加ー♪




IMG_9433



よく
子犬はいないんですか?
と聞かれるのですが…


いるにはいるんですけどね(笑)


この子も4ヶ月の夏海ちゃん。



IMG_9434



時々もっとちっちゃい
イメージ通りの子犬らしい子犬ちゃんも
いる時もあるんですけど…


ネット募集の段階で決まってしまう事も
多いらしいです。


ちっちゃい子犬らしい子犬ちゃんを
ご希望の方は
ネット募集のチェックをして
お見合いを申し込まれ
譲渡会にてのお見合いという方法も
アリかと思います。


私個人としては
猫様もワンコ様も
ちょっとしっかりした大きさの方が
育てやすいし
特にワンコ様の場合は
超子犬より
性格やおトイレやルールやマナーが
分かってて
すぐに暮らしやすいんじゃないかなー。
って思うんですけどねー。



保護犬ちゃん達のことは門外漢なので
実は知らない事だらけ。
勉強しなきゃなー
って思いつつ…
手付かずなのです…




IMG_9435



保護犬ちゃん達の周りは
いつも賑やか♪


さて、こずこずのデビューの話し。



ハイテンションのまま臨んだ
譲渡会。


IMG_9436


デビュー…という繊細さがあったのは
私だけだったみたい…



で、こずこずは…
なんて言うんだろう…
うーん…そう…


あまり一般ウケが良い
毛色ではないので…
色の薄いパステル系やシャムミックス柄
茶トラ系、あたりが人気の毛色…

ついで、サバ系、白猫、黒猫、三毛、キジ系

白黒系、サビちゃんはマニア向け…
半長毛はどれでも人気(ちょと調べ)


簡単には決まらないだろう。
なんなら年越して…
来年入ってからぐらいかなぁー
なんて油断してたんですよね。




IMG_9437



こずこずは思いの外
社交的でアピール上手だった…



で、譲渡会始まって早々に
お孫さん達を連れたご夫婦グループの
お目に止まり…


一度譲渡会を離れられ
近くの保護猫カフェも見に行かれ…



IMG_9438



またお戻りになって
お申し込み頂きました。


お孫さんの男の子が
こずこずを
気に入って下さったんだって♪



お申し込み頂いたご夫婦は
20歳の猫ちゃんを
2年前に相次いで亡くされ…



特に奥様がとても嬉しそうに
お申し込み頂きました。



IMG_9439





あーこれは
ご縁なのかな…と思ったのは…



実はこずこず



IMG_9440



こちらの小桜嬢と一緒にお声が
かかったんです♪


譲渡会場の端と端にいたふたり。


もちろんなんのアナウンスも無かったの
ですが…
実は小桜嬢
こずこずと全く同じ現場ドンピシャで
こずこずの少し後に保護された子です。


ちなみにその現場から保護された子猫達の名前が
このは
こえだ
こずえ(こずこず)
このみ
こざくら




こずこず保護当時の話し→


広い現場だったので
いくつかコロニー…
住み分けがあったかもなのですが
全く同じ場所ということは
近しいご親族である可能性が高く…




IMG_9468




たくさん参加してる
保護っ子達の中から
ノーヒントで
端と端にいた
こずこずと小桜嬢をペアにする…


運命…ご縁を感じざるを得ませんでした。



さて。
はなしは全く別なのですが。



IMG_9441



見て下さい!
この完成された形!
デフォルメや2次元じゃないんですよ!


素晴らしい…


IMG_9442


フォルムも
模様も
お顔も
お目々もまんまるな
くのいち嬢。


私のどストライクでございました。


↑マイクロチップや手術が終わってからの
 お届けなのでもう少しこずこず居ます。
 もしかしたら小桜嬢との同棲修行も…
    ポチ♪




たくさんのお気持ち、レイキ、元気玉
ハロウィンズにありがとうございます。


ハロウィンズとても難しい状態です。

飲まない、食べないになって10日を越し…




ムース状の高栄養フードも受け付けなくなり…


リキッドの方を使っていたのですが
1日に必要な量を何回かに分けて
飲んでもらおうとしたのですが
多く飲まそうとすると
吐いてしまうので
1回量がとても少なくそれだと
1日に必要な量にとても及ばず…
体重と元気が更に無くなる…

オトナ猫様は数日食べれなくても
耐えられるのですが
子猫はそうもいかず。
半日で低血糖になってしまうので
飲める量と低血糖にならない量で
綱渡りのよう…


自宅で出来ることの限界を感じています…
回復というより繋いでおくのがやっと…
それすらままならない…
何か…何か…と思うのですが
原因不明だと積極的な治療にも進めず
対処療法のみ…
かと言って更なる検査も
ストレスや体力や財力の問題もあり…


↓難しいのです…ポチ♪