えと…


バタバタして報告しそびれてて…



っていうか
報告というか備忘録…




我が家から遠くない。
そんな場所で。


ご自宅でご飯をあげている子には
手術をしてきたけど…


他の方がご飯をあげてる子達が
未手術


ご自宅とその餌場は直近で…



IMG_0019



その餌場は寛容ではない…


また…子猫が生まれてしまう…


という現場に派遣され
TNRをしました。


T…trap…捕まえて
N…neuter…不妊手術して
R…return…戻す




IMG_0021




ほぼほぼターゲットだった
子達が入ってくれました。




IMG_0022




可愛い子達。


こうやって問題意識のある
しっかりした
餌やりさんや見守りさんがいる
現場の子は
とても状態が良い子が多い…





IMG_0023




保護が出来れば…
懐いてくれれば…
里親さんが決まりそう…



私がTNRが嫌いなのは
Rが嫌いだから。






IMG_0024




保護と、Rの大きな差。
わかっているのに
自分のキャパの少なさに言い訳して


餌やりさんがいてくれるから。
見守りさんがいてくれるから。


手術しないよりマシだから。




IMG_0028



Rしなきゃいけないから
キライなんだ。


Rしても
そこで愛されて
そこに居場所があるならば
どんなに楽だろう…






IMG_0020





5頭の子達。





IMG_0029




保護してもらえませんか?

ってよく言われます。




IMG_0030




Rが辛いから
保護とRの雲泥の差を知ってるから
Rが出来ず
求められるまま
自分が望むまま
保護を重ねて
崩壊気味になってしまうボラ様の話を
時々聞きます。





IMG_0025



保護は簡単ではない。
気持ちだけでは救えない。


気持ちも
スペースも
知識も
時間も
お金も
必要です。


どれが欠けても
そのしわ寄せを1番に受けるのは
肝心の猫様。




IMG_0026



だから
自分がご飯をあげてる子や
ボロボロで
もうこれ以上は無理だね。
頑張ったね。


って子以外は
手術やワクチンをするだけで
私は精一杯…




IMG_0027





自分への
言い訳ですけどね。





IMG_8819




お預かりしていた
ご支援金で
ワクチンを持たせられました。
ありがとうございました。



この5頭。
全員女の子でした…



もうこれ以上
この場所で…



IMG_0018



迷惑な存在として
増えなくて済む。


私に出来るのは
それだけ…


少しの安堵と
大きな無力感。
それが私のTNRです。