猫とお酒と日々のこと

カテゴリ: ブログ

明日までになりますがやってます(笑)昨日の準備(笑)頑張りました(笑)ホントに頑張ってくれたのは事前に準備してくれたスタッフ様たち。ありがとう。お疲れ様でした。会場は2部構成。お外猫様の世界を知ってるはずの方でも辛すぎて辛すぎてもう死ぬかと思った…と言わしめるほ ... 続きを読む



明日までになりますが
やってます(笑)





FullSizeRender





昨日の準備(笑)





IMG_0960





頑張りました(笑)


ホントに頑張ってくれたのは
事前に準備してくれた
スタッフ様たち。


ありがとう。
お疲れ様でした。




IMG_0961



会場は2部構成。


お外猫様の世界を
知ってるはずの方でも
辛すぎて辛すぎて
もう死ぬかと思った…


と言わしめるほど
目に心に痛く辛い内容です。


サツショブン
音で聞くのと
目で見るのは
違います。




IMG_0962



今日はお隣の会場が
お子さんの作品展だったので
たくさんのお子様連れが
お立ち寄り下さいました。






IMG_0957





痛いよね。
辛いよね。
苦しいよね。






IMG_0964





でも、本当に
起こっているコト。





IMG_0973




お外猫様の世界。





IMG_0967





それは
のんびり自由気まま。


だけではない。





IMG_0966



普段、見ないし、見たくない
見ようとしない。



だって見ちゃうと
痛いから。





IMG_0971



これを見て
私が感じる
痛い、辛い。は
実際のコ達が感じる
痛い。辛い。とは
比べようもない。





IMG_0969



そうそう。
可哀想なら。


出来ることを
始めないと…




IMG_0965




旧ゴディバ、現ショコラさんの里親様
双子ちゃんと
遠方から来てくれました❤️


その他にも
たくさんの方が
写真展にお立ち寄り下さいました。


痛いけど。辛いけど。
ソレを受け取って。


どうして?
なんで?


と考えて頂けたら幸いです。


お外猫様の世界の後は…



IMG_0976



保護されて
譲渡されて
ずっとのお家をゲットした
幸運な一握りのコたち。




IMG_0974




みんにゃ幸せそう。
ご飯と愛と安全と…


お外猫の世界と
おウチ猫の世界。



その境界線は
なんだろう。



が、今回の写真展のテーマ。



IMG_0972



答えは人それぞれかも。


ぜひぜひ答えを探しに。
明日15時までやってます♪






本日もお立ち寄りありがとうございます♪皆様の貴重な時間を割いたコメント♪ポチ♪本当にありがたく拝見しております。色んな意味でヒトリジャナイ。が励みで癒しでございます。汚れていたので何か敷いて子猫用のベッドにでも…と思ってたカゴ…置いておいたらウチ猫様が入 ... 続きを読む




本日もお立ち寄り
ありがとうございます♪



皆様の貴重な時間を割いた
コメント♪ポチ♪
本当にありがたく拝見しております。
色んな意味でヒトリジャナイ。が
励みで癒しでございます。



汚れていたので
何か敷いて子猫用のベッドにでも…
と思ってたカゴ…


IMG_7708



置いておいたら
ウチ猫様が入る…




IMG_7709


けど、まぁ…
約1kgの子猫がひとり用ってサイズ。



そりゃ小柄な凛さんでも
流石に小さいよ…


Sサイズの凛さんが
子供用110サイズ←サイズ感覚えてない
みたいなものだもの…



IMG_7710



無理。
それが正しい判断だと思う。





IMG_7729


ほらね。こんなサイズだもの。




しかし!
無理に挑戦する挑戦者がここに!





IMG_7711




いや、シュウ様??


見てたよね?聞いてたよね?
凛さんですから無理なのに?



挑戦するのは
素晴らしい事だと思うけど
無謀な挑戦は違うと思うの。





IMG_7716



いくら猫様でもね
ギリいけるかなー?
ってサイズ感と
どうがんばっても無理!
ってサイズ感があると思うの。




IMG_7717




頑張ってるけどね
そのカゴは間違いなく
後者のサイズ感のカゴなんだと思うよ。






IMG_7718


ママはね。
知ってるから止めてるんだよ。


無理だよねぇ…
って薄々気付きながらも
案外この辺ふわっとしてるから
イケちゃうんじゃない?と
一縷の望みを託して試着して
想像してたモノと全く違うモノが
鏡に写ってたり
通るかとおもったけど遥か手前の段階で
絶対的に無理だったか…
ってなると
試着諦めた時より
はるかにダメージ大きいんだよ。





IMG_7719




シュウ様…
気持ちは分かるんだ。




IMG_7720



カゴを見たら
入りたくなる気持ちも。


なんとかイケちゃうんじゃね??
っていう気持ちも。




IMG_7721



でもね…
全くのサイズ違い。


凛さんがSサイズなら
シュウ様はXXLサイズ。

そのカゴは子供用110サイズぐらい。


収まる収まらないって
問題じゃないんだよ…




IMG_7722



だから言うたやーん!!!



やめときなよー。
無理だよー。
って止めたじゃーん。




IMG_7723


まぁ、我が身にしても
無理だ、やめとけと言われても
やってみて
失敗して、傷ついて
やっと理解納得するって
あるからね…


それでも言うのは親心
なんですけどね…


失敗して傷ついた時のフォローが
ホントは1番の親の出番。


シュウ様!ナイファイ!





>チーちゃんさん

それです!それそれ!
完璧!凄い!
ありがとうございます♪
おかげさまで
昨日の記事にこっそりリンク追記
出来ました❤️
素晴らしい。マジ感謝です。



↓ひと手間を惜しまぬ皆様のような
   優秀な読者様に支えられての更新です(笑)
   ポチ♪



>に''ゃーさん

スペースの都合上、駆け足になりすみません。
あくまでも私の場合。になりますが

ケージは2段で充分かと思います。
ケージ飼育が長い期間になる場合とかに
3段を使いましたが
それ以外は2段で事足りましたし
3段だとコミュニケーション取りづらい
掃除などメンテが大変…でしたので。

お風呂は基本入れないです。
とりもちなどの異物や下痢などで
生命維持に支障があるくらい
著しく汚れている場合だけで
私は保護して直ぐに入れたコトないです。

完璧に慣れてないウチにお風呂に入れると
せっかく築いた信頼関係を
失う可能性もあるので
あまりオススメしません。
ノミダニはスポット駆虫薬などで落ちるので
コミュニケーションも兼ねて
ブラッシングなどで対応しています。

隔離ですが
パルボ検疫期間と内部寄生虫の駆虫期間が
概ね2週間なので
ウチは最初の2週間は
ウチ猫様が入らない(入らせない)部屋で
隔離をしています。
猫同士の接触は極力避けるようにしています。

最近我が家では
ヒトの出入りの多かった子供部屋を
(故にウチ猫様の侵入もありがちだった)
隔離部屋にしてましたが
ヒトの出入りの限られる寝室に移しました。
(ヒトの出入りが多いと落ち着かないのと
検疫の意味が薄くなるので)

隔離部屋という一部屋を用意出来ないので
なるべく、なるべく…
そんな感じで対応しています。


ちなみにその間は基本
ケージから出しません。


ウチ猫様はワクチン接種してますが
この2週間の隔離は
ウチ猫様と保護っ子に新環境を
受け入れてもらう時間を
与える為でもあるのかな。と思います。

でもこれは厳し目なのかなぁ…
とも思いますが
たくさんのボラ様達の経験上、教わった
こーした方がいいよ。という知恵なので
ご参考まで。



↓ケースバイケースもあるし
   これが正解!ではなく、私はこうしてます。
   だとご理解下さい。ポチ♪





ブルーな内容ブルーな写真を含みます。ご注意ください。落とし込むのに時間がかかりました。先日ちのみーを3頭預かりました。ほぼ200g未満の子。1番体重の軽かった子はかなり弱々しい弱々ちゃん。我が家に到着した時にはかなり厳しい状態でした。18時  1回目授乳兄弟2頭は10 ... 続きを読む



ブルーな内容
ブルーな写真を含みます。
ご注意ください。




IMG_7046





落とし込むのに
時間がかかりました。


先日
ちのみーを3頭預かりました。




IMG_6676




ほぼ200g未満の子。


1番体重の軽かった子は
かなり弱々しい弱々ちゃん。
我が家に到着した時には
かなり厳しい状態でした。




18時  1回目授乳

兄弟2頭は10ml飲めたけど
弱々ちゃんは5ml…
そして下痢。


兄弟2頭にちゅーちゅー吸われちゃうので
別のキャリーに移す。



IMG_7054






21時

兄弟2頭は10ml

でも弱々ちゃんはミルク飲めず。
痙攣?震えがきて
体温低下。


使い捨てカイロ3個と
湯たんぽ追加
ガンガンに温める。


ブドウ糖液を1mlシリンジで
一滴、一滴口に入れる。



IMG_6675





24時

兄弟2頭は10ml飲めた

弱々ちゃんは
どんなに温めても
冷たくなっていく。

温かいところに寝かせても
冷たいところに
ズレて行ってしまう。


継続して
ブドウ糖液を少しづつ口に入れる。



3時



兄弟2頭のうちの片方が
ミルクをイヤイヤし出して
飲ませるのに時間がかかるけど
どちらもなんとか10ml。



弱々ちゃんはどんどん弱々しくなって
昏睡状態。
ブドウ糖液も飲み込めず。
なのに下痢だけは出る。




IMG_7053





6時

兄弟2頭の方はなんとか10ml


弱々ちゃん
鳴く事もなくなり
時々口を開けたり
手足をピクッとさせたりするだけ。
ガンガンに保温しても冷たい。


7時55分
大きく口を開けて…
それが最後になりました。




IMG_6677




保護主さんにそれを伝えて
私には無理でした。と
10時過ぎに2頭になってしまった
兄弟をお返ししました。






IMG_7048
中和する為、お花写真入れときます。




周りのボラ様達が
この弱々ちゃんみたいな子と
正面から向き合って
寝食削ってお世話しているのは
知っていました。


それでも…繋げなかった子の
旅立ちを見送って
いるのも知っていました。


その都度


仕方ないよ。
多産多死の生き物だし
何もしなくても育つ子と
何をしても育たない子はいるよ。
奇跡を信じて
救おうとした事に意味があるんだよ。


とか


もうこんな事しなくて済むように
出来ることを進めていこう。


とか



言っていたので
同じ言葉を自分にかけているのですが…
なかなか…なかなか…



一言で言えば
スキル不足。
補液が出来たら救えたのではないか…
カテーテル授乳が出来たら
繋げたのではないか…
知識がない、経験がない
アレもないコレもない。
ないないないないない…



救えなかった命は
186gだけど
私にはちょっと重いです。




IMG_7047




繋がるような繋がらないハナシ
なのですが。



我が家は普通のおウチです。


広くもない程よい田舎のおウチに
4人+2頭で住んでおります。


ズバ抜けて高収入なおウチでも
ありません。


パート代で猫活動資金が足りない時は
半額シール大好き♪とか
豆腐って万能ー♪とか
なんとかやりくりしています。


それでも深夜に
迷子ちゃん探してくる!とか
じゃーん。新しい保護っ子ちゃん♪
とか
自由にさせてもらっているのは
家族の理解と協力と
何より
とてつもない我慢のおかげです。





IMG_7051




ケージから逃げちゃった保護っ子に
プリントを破かれちゃったり
大事なモノを
壊されちゃったり。


深夜、寝てるのに
灯りをつけてゴソゴソ授乳してたり。



ギャンギャン夜鳴きする子を
寝室に連れ込んだり。


そして何回も
家族として大事な日を
なんだかんだ猫の事柄を優先させて
もらったりしていました。



そんな風に
周りに迷惑をかけてまで…






IMG_7052



この日は弱々ちゃんを皮切りに
次から次へと
頭が痛くなるようなことがあって
完璧にキャパ超え。
ぷしゅ〜って音が聞こえた(笑)



見つからなかった子猫→
そして今回の子猫。



何してるんだろ…自分…。
自分には向いてない。
無理だったんだ…って
ついさっきまで
なってたんですけどね。



ボニータさんのこの記事→を見て


もっと頑張ってるヒトがいて
もっと向き合ってるヒトがいて
ここでつまずく
自分はまだまだ甘い。


どんな言葉より
頑張って向き合ってる方の姿は
励ましです。




IMG_7050



追いつくなんてもちろん不可能で
後ろをとぼとぼ付いてくのがやっとですが
頑張ってる方
向き合ってる方の姿を
見失わない程度に。


私も私にできる事を。
できる時に出来るだけ。


泣くのが嫌なら
さあ、歩け〜。







この記事はどちらかというと自分の為に書いたもので。今の気持ちを忘れない為に。伝わらないかも知れないし猫様の写真も少ないし面白くないと思うので無理に読まなくて大丈夫。先月末、譲渡会に向かう途中国道を走っていたら路肩でカラスが何かを突いてる…通りすがりに見た ... 続きを読む



この記事は
どちらかというと
自分の為に書いたもので。


今の気持ちを忘れない為に。


伝わらないかも知れないし
猫様の写真も少ないし
面白くないと思うので
無理に読まなくて大丈夫。








先月末、譲渡会に向かう途中
国道を走っていたら
路肩でカラスが何かを突いてる…


通りすがりに見たら…
:(;゙゚'ω゚'):子猫…


慌てて止まれるところを探して
徒歩で向かうと
カラスは逃げ行った。


そこにいたのは
2ヶ月ぐらい?の白キジちゃん。


でも私と目が合うと
一瞬で脇の緑地帯に逃げてしまった。




IMG_5202




でもその逃げる瞬間、目にしたのは
ズルむけで真っ赤な尻尾。
脱腸?かと思ったけど違う。
お尻の付け根から先っぽまで
真っ赤な尻尾。


震える手で逃げていった
緑地帯の茂みをかき分けてみたけど
見つからなかった。



車に戻り
積んであった捕獲器を仕掛けて
入ってくれるコトを祈りながら

どうしよう…
このまま譲渡会休んで捜索しようか…
でも
はちきゅーが乗ってる…


暑い車内にいつまでも
置いておけないし…
はちきゅーを
お迎え来れそうなヒトはみんな
仕事中だったり譲渡会参加中。
とりあえずいつかはここを一旦離れなきゃ
ならないんだから。


とギリギリまで待ったけど
遅刻して譲渡会場へ。



その晩
お手伝いを申し出て下さったボラ様と。






IMG_5237



夜が明ける頃まで捜索。


その時見つけちゃったんだよね…



その子の身体の一部…




写真貼ろうか迷ったけど
やめておく。



それを見て
白昼夢であってほしい。
悪夢であってほしい。
と願ってたけど。



だけど夢じゃなかったんだ。
やっぱり傷ついた子猫がこの場に居たんだ…
と改めて認識して。




その次の日は捕獲器の台数を増やして。
猫神に憑かれてるボラ様と。




IMG_5384


朝、昼、晩
とご飯の入れ替えしたり
捜索したり。


なんとか。
なんとか。
入っていて欲しい。



IMG_5290





でも緑地帯の藪は深いし
カサリともいわないし
鳴き声もしない…






IMG_5292



生きてて欲しい。
間に合って欲しい。
でも気配がない…


食べた形跡のないご飯達…
空を舞うカラス達…





IMG_5291





長袖着て長靴履いて軍手して
衰弱して動けないのかも。
亡骸でもいいから。
と藪中をあちこち探してみたけど
見つからない…




IMG_5289




きっと誰かが見つけて
病院に連れてってくれた…


元気にママンのいる別の場所に
逃げていった…


そうに違いない。
そうならいいのに。
でも、その可能性がいかほどかを
知ってる自分。



ところどころに投げ捨てられてる
白いゴミ袋に
何度も心臓が止まりそうになり
気が狂いそうになり。



3日目に
諦めました。



諦める=見殺し感ハンパない…



お外の子猫の生存率は
私の感覚では25%以外。
75%の子は生き残れない。



はちもきゅーも
テンもエースも
多分ヒトが保護しなけば
75%に入っていたんだと思う。



お外の子が立ち向かう壁
衰弱、病気、怪我、交通事故、殺処分


世の中には何千、何万と
起こっている事で
特別な事ではない。
よくある話。



子猫がカラスに襲われた。
心を痛めて聞いてたけど
これもよく聞く話。


今までは
自然の摂理
仕方ない事と
どこか思うようにしてたけど…



分かってはいたんだけど
目にすると違う。



想像はしてたんだけど
実際は想像を超えてた。



一瞬だけど合った目にあったのは
恐怖と悲しみ。



75%の子達は
目にはしなくても
綺麗にふんわり
溶けて消えていくのではなくて
当たり前と言われればそれまでだけど
苦しみ、悲しみ、痛みの中
死んでいくんだ。
 


分かってるようで
分かってなかった。



全てを救えないのも分かってる。
でも
目にしておきながら
探すのを諦めた罪悪感と
あの時こうしてれば。ああしてれば。
の後悔どん底なう。



75%の意味を。
諦めた自分をよく覚えておこうと思う。



75%を減らす為に
出来ることをしよう。



あの子が捕まってくれたら
入れようと思ってたスペースに。


私の限界はとうに超えてる(笑)けど。


IMG_5500

 

楓くん  2ヶ月




IMG_5911


お外の猫さんに
ご飯をあげていたら
3頭子供を産んでしまい…


もう雄猫がママンを狙っているので
手術がしたい。


とのご相談でした。


ちょと県屈指の昔からの超お屋敷町。
ママンには名前があり
周囲の方から愛されて
ご飯と綺麗な寝床はありました。
お外の猫様としては
高待遇…



楓くんのお名前は
その通りの地名から。
ママンの手術は無事終わり。
兄弟2頭にはお迎えがあったそうで。
残るは楓くん。



保護主さんは懐かないし
お外でママンと
お世話しようかと…
と、仰ってましたが…


喧嘩、病気、交通事故…
まして子猫に
お外での生活にはリスクが大きい…


という事で…
引き取って参りました。



シャーシャーパンパン!と
ママンの教育がしっかりされていましたし
ママンを呼ぶ夜泣きが
続いております…


昼間鳴かずになぜ夜鳴く(;ω;)
それが結構チカラ強く…
うるさいやら切ないやらで
寝不足でございます。


子猫保護に下痢嘔吐は付き物…
と、諸先輩方から
教えられておりますが…


案の定の下痢嘔吐…


IMG_5912


あれほど、シャーシャーパンパン言ってた楓
弱ってるから触れるのか…
懐いたから触れるのか…
分かりませんが
ちょっとづつの強制給餌をしております。


幸せになる為…
25%に入るために…
楓も私も頑張っております。


楓と私の戦いを生温かく見守って
頂けたら幸いです。












本日もお立ち寄りありがとうございます♪沢山の回答コメント♪ポチ♪ありがとうございました❤️投げた球を返球してもらえるとキャッチボール♪嬉しいです。 連日の繰り広げられている子猫プロレス… シュウ様も凛さんもそして私達ヒトも避難して遠巻きに眺めております。 ... 続きを読む



本日もお立ち寄り
ありがとうございます♪



沢山の回答コメント♪ポチ♪
ありがとうございました❤️
投げた球を返球してもらえると
キャッチボール♪
嬉しいです。

 




連日の繰り広げられている
子猫プロレス…



IMG_4982
 


シュウ様も凛さんも
そして私達ヒトも
避難して遠巻きに眺めております。




IMG_4983




時々、ぎゃーっと
悲鳴があがりますが
それがお勉強…
と見守っております。




IMG_4984



この子達はもうすぐ8週齢。
 ペットショップで陳列される
週齢です。


それより以前に…もっと幼くして
ママンや兄弟から離され
出荷されます。


本当ならママンのおっぱいを吸って
兄弟とこうして過ごすはずの時期に
ひとりでショーケースの中。


小さい方が売れるから。
という理由で。


それが現実です。



8週齢規制が5年に1度の
今回の動愛法改正でも
見送られる事になりそう…
なんで?署名したじゃん?
の裏側→






IMG_4985



はちきゅーはもうすぐ1kg。
モフになれ!モフになれ!
とせっせとご飯を与えたせいか
ちょっとだけ標準より
大きくなり過ぎ気味…


出荷される子達は
小さい方が売れるから…
と、ご飯を制限して大きくならないように
敢えて小柄に育てます。




IMG_4986




大きい方が
体調を崩した時に病気に耐え得る
体力があるんだけどな…


それが現実です。



IMG_4987



ペットショップには一年中
子猫がいて
譲渡会には一年中
子猫はいない。



これも現実です。




IMG_4988



そんな事を
はちきゅー子猫プロレスを見ながら
考えました。




たくさん暴れた後は…



IMG_4990




嵐の後の静けさ(笑)
疲れてバタンキューです。





IMG_4991



保護猫=可哀想な猫
と思われがちですが
私は
保護猫=強運なひと握りの幸せな猫
だと思っています。


本当に可哀想な猫は
どこにいるのか。



IMG_4992


ペットショップに行く前に。
その子達がどこから来て
どこに行くのか。
先ず現実を知って欲しい。

参考過去記事→




はちきゅーの寝顔を見ながら
そう思います。








夜便向きの記事だったかもー。
でも天気もどんよりしてるし…
たまにはいいかなぁ。と思って。



↓テンションはいろんなものに左右されます。




昨日の答え

正確な答えはシュウ様しか知りませんが
私は多分3番かな…
いや、3番に違いない!
と思います。


胸焼けする程
子猫フード食べないでぇぇぇ(´;Д;`)


↓ダイエットフードより高カロリーなモノ
    の方が美味しい…それは分かる気がする。





今日の記事は目に心に耳に痛みを生じる可能性があります。頑張って書いたから読んでほしいけど無理せず自己責任でお願いします。お外の方が幸せじゃない?おウチに閉じ込めるのはかわいそう。実はよく聞く言葉です。メディアやSNSでは幸せそうな時間を切り取ったキレイで可愛 ... 続きを読む


今日の記事は
目に心に耳に痛みを生じる可能性があります。
頑張って書いたから読んでほしいけど
無理せず自己責任でお願いします。






お外の方が幸せじゃない?
おウチに閉じ込めるのはかわいそう。


実はよく聞く言葉です。


メディアやSNSでは
幸せそうな時間を切り取った
キレイで可愛い映像や画像が殆どで。
それ以外の様子を目にする事は
あまりないですよね。


猫様は必死な姿は
あまり人前では見せません。


弱ってる姿を見せる時は
我慢の限界を超えた時。




IMG_0097
一度や二度はロードキルの子を見かけた事
あるのではないでしょうか。



走り回れるお外の方が幸せ。
のんびり自由なお外は幸せ。


そう見えるかもだけど…
自由にのびのびして見えても
多くの時間は
自分のテリトリーを守るためだったり
猫女子を求めてだったりで
喧嘩したり
常に気を張って
ご飯を求めて歩き回ったり。




IMG_4698



交通事故や怪我をしても
感染症など病気になっても
病院には行けません。


簡単な抜歯や
1回の注射の抗生剤、
1回のスポット駆虫薬
ホント簡単な医療で
治ったり楽になったりするこも
多いのに…


乏しい栄養状態
厳しい環境のなかギリギリまで
頑張っている子は少なくありません。


安全、快適な寝床はなく
暑さ寒さ天候と戦い
ヒトから邪険にされるコトも多い。




1E0C38D5-B77D-404B-AD13-C5CB3315683E



そんな中、命がけで妊娠出産を繰り返す。
命を削って産み育てても
存命率は低く
子猫の誕生は喜ばれず。
忌み嫌われる。
そんなお外猫様が多いかと思います。



だからTNRするんだけど
そのハナシをすると
もっと長くなるので。
ここでは割愛するー(笑)





それなら安全が担保された室内で
美味しいご飯をもらって
たくさんなでなでしてもらって
お腹を出して寝る方が幸せかな。
と思います。

お外の「自由さ」はいかほどのものか?
その「自由さ」の代償は?
を考えると
おウチの中は
お外の自由以上の幸せをあげられる。
と思います。





IMG_3980



でもね。
少し前までわたしは
お外猫は家猫になれたらそれで幸せ。
と単純に考えていました。
でも今
お家の中なら絶対幸せか。
というと一概にも言えなくなりました。
多頭飼育崩壊とか見てきたから。



IMG_4608



適正飼育が出来ないと
お外の方がマシな事もあると知りました。


1.完全室内飼い
2.不妊去勢手術
3.たっぷりのご飯とお水と愛
4.快適で衛生的な室内環境とスペース。
5.習性、個性への知識も含め必要な医療や措置
6.終生飼育



これが出来て適正飼育かな。
と私は思います。
どれかが欠けたら不適正…


猫は外の方が幸せか?
と聞かれたら
適正飼育>>>>>>>お外猫>>不適正飼育



こう書くと難しく聞こえるけど

不妊去勢手術をして下さい。
お家の中だけでお外に出さないで下さい。
美味しいご飯とキレイなお水
ふかふかベッドにキレイなトイレ
暑い時は涼しいところ
寒い時は暖かいところ
好きなところに移動できるスペース
具合が悪くなったら病院に。
たくさん愛して
最後の時まで一緒にいてあげて下さい。

それだけの事なんです。




IMG_4699




悲しいかな。
猫様を幸せにするもしないも
関わった人間次第で。


弱い者、困ってる者を見て
手を差し伸べたい。
と思うのはヒトとして
とても健全な思考だと思う。


あの子
おウチに入れてあげたいな…
と思ったら
幸せにする!覚悟と
大きな愛で
お迎えしてあげてほしいと思います。





参考として環境省の
パンフレット貼っておきます。


IMG_4566

IMG_4567


IMG_4565


IMG_4564



最後まで読んでくれて
ありがとう❤️




本日の3周忌法要にお立ち寄りありがとうございます。少し遅くなってしまいましたが今年も綺麗に薔薇が咲きました。ウチにバラは無いよ(笑)バラ園のバラがね。あんちゃんの記事はなんとなく向き合うのにまだパワーを必要とします。日常的にパワー枯渇気味なので皆様のコメント ... 続きを読む



本日の3周忌法要に
お立ち寄りありがとうございます。


少し遅くなってしまいましたが
今年も綺麗に薔薇が咲きました。
ウチにバラは無いよ(笑)
バラ園のバラがね。



あんちゃんの記事は
なんとなく向き合うのに
まだパワーを必要とします。
日常的にパワー枯渇気味なので
皆様のコメント♪ポチ♪は
貴重なエネルギー源です。



IMG_3692


薔薇が咲くとあんこちゃんの命日が
やって来ます。




2014年10月中旬


IMG_3697




凛さんをお迎えして半年後…
超ビギナー猫下僕の私に
突然派遣されたあんこちゃん。


夜道で出会ったあんちゃんは
なんの動物⁉︎って思うくらい
ガチガチの毛玉だらけ。


草の実沢山つけて。
鳴いてはヨボヨボ歩きうずくまり。
を繰り返していましたね。



IMG_3698


あんこちゃんは12歳以上で…
今思えばまだシニアの入り口なのに
耳も遠かった(声が大きかった)
爪も出ててヨボヨボ。
多飲多尿(多分腎臓悪かった)





IMG_3699



今、思えば
人馴れしてて
人の手を知ってる猫様でした。


あの頃は元気なシャーシャーお外猫様を知らなかった(笑)


そうだよね。
あんちゃんは誰かが付けてくれた
黄色い首輪をしてたもの。




IMG_3700



センターにも警察にも
問い合わせたし
ポスターも貼ったし
迷子猫掲示板にも載せたけど


だけど…
あんちゃんを探してる人を
見つけられなかった。





IMG_3694



ウチに来て8ヶ月の
2015年の5月。


長患いする事なく…
というか
手を尽くさなかったからなんだけど…





IMG_3701


旅立っていきました。


今ならね!
今なら相談できる人も沢山いるし
出来る事もあるけど
当時は何一つ、知識も経験も無く
今なら「あり得ない!」ってくらい
何もしてあげられませんでした。



後悔してるし
反省もしてる



そんな私が不甲斐なくて
あんちゃんが
私の分だと思って
他の子をしっかりお世話せい!と
今、こんなコトになってるだと思う。




IMG_3703


そんなあんちゃんは
沢山のモノを遺してくれて。


特に思春期真っ盛りだった2号には
とてつもなく大きな気づきを
与えてくれました。


私もだったけど
私以上に
いつまで居てくれるはず。
だから今、少し邪険にしても
少し冷たくしても
まだまだ挽回出来る時間がある。と
結果甘えてたんだと思う。


そんなお恥ずかしいお話し→




IMG_3704
この黄色い首輪はなぜ?の原点。


あーすればよかった。
こーする事も出来たのに…
もっと何か出来たはず。
と、後悔は尽きず。


当時は…今も少し…
ごめんね。申し訳ない。
としか考えられなかったけど
3周忌を迎え
遺してくれたモノの大きさが
だんだん見えてくるに従って
ごめんね。より
ありがとう。
が大きくなりました。


そうだよね。
それに私だって
「ごめんね」って見送られたくない。
どうせなら
「ありがとう」って見送られたいもん。


ごめんね。は失礼よね。



IMG_3702


今でも
凛さんにもシュウ様にも
歴代保護っ子達にも
お外猫さん達にも
教えられるコトは多いけど。



私がそれに気付けたのは
あんちゃんがいてくれたから。
なぜ?なぜ?
からお外猫様の現状を知り。



保護猫カフェの存在を知り。
シュウ様と出会い
ボラ様と出会い


あんちゃんに出来なかったことを
今してるんだと思う。




IMG_3696


これでいいんだよね?
あんちゃん。
ありがとね。あんちゃん。



そろそろあんちゃんのお骨を
どこかに納めてもいいかな。
という気持ちも出てきました。


1.動物霊園の合同墓地
お手頃価格だけどみんなと一緒が良いのか悪いのか分からない。
でもたくさんの人が訪れて手を合わせてくれる
供養という意味では良いのかな。

2.自宅庭に埋葬
これも賛否あるし…悩む。
お骨もそのまま埋めるか
それともパウダーに加工してもらうかも
検討中
そもそも庭が無いので
そのスペースを作らにゃならん。

悩みますねー。

家族も私もまだいいか…と
急いでるわけではないので
5周忌頃までに…
と考えてます。


↓御焼香代わりにポチ♪として頂けると
   あんちゃんも喜ぶと思います(笑)

他人様から見れば
たかが亡骸なんですけどね…
カタチ。なんですよね。
いてくれた証。

答えは人それぞれ違うし
どれが絶対的な正解!っていうのは
ないと思うので
1番家族の気持ちが落ち着く埋葬方法を
探したいと思います。


↓献杯代わりにポチ♪







本日の夜便は敢えて使う写真があります。目に心に痛む可能性がありますのでお読み頂く際は自己の判断でお気をつけ下さいませ。甘えん坊で可愛いふたちゃんはサバイバーです。葉っぱさん達のいたおばあちゃんちには16頭猫様がいて。そのうち女子は10頭。そのうち5頭が妊娠して ... 続きを読む


本日の夜便は
敢えて使う写真があります。

目に心に
痛む可能性がありますので


お読み頂く際は
自己の判断で
お気をつけ下さいませ。





IMG_1906



甘えん坊で可愛いふたちゃんは
サバイバーです。




IMG_1907



葉っぱさん達のいた
おばあちゃんちには
16頭猫様がいて。


そのうち女子は10頭。

そのうち5頭が妊娠しておりました。






IMG_1922



明らかにお腹の大きかった
蘭ちゃんと菫ちゃんは
出産を待つことに。




IMG_1925


両前脚にハンデのある
茜ちゃんは身体も小さく。
妊娠してる様には見えませんでしたが
不妊手術の際に妊娠初期と分かり
堕胎になりました。


茜ちゃのお腹には
4頭の赤ちゃんがいました。



そこまでお腹が
大きくみえなかったのですが
ミモザちゃんと撫子ちゃんは
保護直前に出産してしまいました。



なぜ双葉がサバイバーか。
なぜ子猫が双葉しかいなかったか。



それは産んでも育たなかったから。



IMG_1885





ーここからご注意下さいー



ミモザちゃんと撫子ちゃんが産んだ
子猫達は
家のあちらこちらから見つかったそうで。



IMG_1864



子猫をさらう雄猫から
子を守ろうとママンがあちらこちらに
運んだ…


さらった雄猫が隠した…




IMG_1863



そして諦めるママン達。


落ち着いて出産育児ができる環境では
ありませんでした。


見つかった子猫は
多分、ミモザちゃんの子が2頭
多分、撫子ちゃんの子が2頭…


もっとどこかに
隠されていたかもしれません。




IMG_1862



辛うじて息のある子猫2頭と
ママン達は
ひとり団体級ボラ様の



IMG_1877



しかし翌日には
天使になってしまいました。



IMG_1878


早産だったのか…
哺乳力が弱かったのか…
遺伝的に問題があったのか…



そんなおウチで唯一の子猫だった
ふたちゃんはサバイバーです。



きっとママンが頑張って守り抜いて
くれたんだと思います。




IMG_1923



ボニータさんちで出産を迎えた
蘭ちゃんと菫ちゃん。


蘭ちゃんは5頭のママンに。
菫ちゃんは5頭出産でしたが
残念ながら死産が2頭…


全ての子が健康に順調に
産まれる訳ではない。
故に猫様は多産なのですが…




IMG_1874




保護当時に妊娠出産していた
女子達が
全頭無事に出産していたら
少なくとも+18頭になっていました。


爆発的に増えて
多頭飼育崩壊が起こる原因です。


おウチの中でも
不妊去勢手術は必要です。





お外の世界では
子猫の出産は忌み嫌われます。


IMG_1778



また猫が子供を産んだ!
と殺処分に持ち込まれる多くの猫は
この子猫達です。



IMG_0670




お外でもおウチでも。
妊娠する前に
手術さえしてくれたら…
それに尽きます。





IMG_1886


見てください。
とても幸せな光景でしょ?


と、言う私は
TNRの際に堕胎をします。



特に妊娠後期の堕胎はとても辛い。
医師にも申し訳ないし
産ませてあげたい。
そう強く思うけど。


保護して産ませてあげるには
落ち着いた環境が必要です。
ハンデ、病気のある子が産まれる
リスクも取る勇気。
スキルも時間も財力も。



IMG_1872



その全てがないと
産ませてあげられないと私は思うので
まだそれが無い
私は堕胎を選ばざるを得ません。



そのかわり
もう既に産まれてきた子を
少しでも助けられたら。

妊娠前に不妊、去勢手術を
進められたら。


と思っています。



IMG_1873



基本ワンオペで多産の母猫の育児は
神がかり的です。
忍耐強く
慈愛に満ちてます。


出産、育児は神々しい光景です。


皆様の猫様も
そして私達も
こうして産まれ育ったはず…



軽んじて良い命は
一つもありません。



FullSizeRender



猫様の出産育児も
愛を持って見守られ
命の誕生が喜ばれる時代。


堕胎に心を痛める医師、ボランティア
乳を腫らし子を探す母猫が
いなくなる時代。

 
そんな時代を夢見ております。




Special  thank's

この記事のほとんどの写真を
みこまんまさん、ボニータさんに
お借りしました。






コレを書いて良いのか迷ったけど。書いちゃう(笑)すまぬ。1号。1号が家を出るその日の朝。シュウ様が誠の愛を1号に伝えたそうな。2号、ムスメ子、私は既に外出しててお見送り出来ず。家にはムスコ1号と夫とウチ猫様。あと少しで出発。という時に。普段、自分からは膝に乗るこ ... 続きを読む





コレを書いて良いのか
迷ったけど。


書いちゃう(笑)
すまぬ。1号。



1号が家を出るその日の朝。
シュウ様が誠の愛を1号に伝えたそうな。



IMG_0288


2号、ムスメ子、私は
既に外出してて
お見送り出来ず。
家にはムスコ1号と夫とウチ猫様。


あと少しで出発。
という時に。


普段、自分からは
膝に乗ることはないシュウ様が
自ら1号の膝に乗り
下りなかったそうな。



IMG_0289



スーツに毛が…と
下ろしても下ろしても
乗ってくるシュウ様を抱いて
1号は泣いたそうな。




IMG_0290



たまたまかもしれないし
偶然なのかもしれない。


けど



出発の不安や心細さ、寂しさ。
何かをシュウ様は
感じ取ったのかもしれない。




IMG_0291


そしてまた
1号はシュウ様から
何かを感じ取って泣いたのだと思う。


犬畜生、猫畜生
特に猫は 感情がない!と
言われがちだけど。


言葉を喋るだけが
コミュニケーションではないように。



IMG_0292



ヒトより豊かな感情があって。
ソレを伝えてると思う。



ソレを受け取れるか否かは
本当の家族であるか…
本物の愛があるか…
受け取る気があるかないか。
なのだと思う。




IMG_0293



家族愛が見せる幻想かもしれないけど。

それはそれでいいと思う。

1号や私達家族は
シュウ様の愛を確信出来たのだから。




IMG_0294


愛されて
励まされて
送り出された。

シュウ様ありがとう。
君の想いは
ちゃんと家族に伝わってるよ。






ごめんねー。今日は長いご報告だよー。で、暗重いから気を付けてね。それは旅行中に頂いた電話から始まりました。病気で餌やりを引退された元餌やりさんからの電話でした。餌やりしてた子達が妊娠してます。餌やりしてた子達の手術をお願い出来ませんか?数日後捕獲に行きま ... 続きを読む



ごめんねー。
今日は長いご報告だよー。
で、暗重いから気を付けてね。


それは
旅行中に頂いた
電話から始まりました。


病気で餌やりを引退された
元餌やりさんからの電話でした。


餌やりしてた子達が妊娠してます。
餌やりしてた子達の
手術をお願い出来ませんか?


数日後
捕獲に行きました。


IMG_9893



聞いていた場所で
お腹の大きい女の子と男の子を
捕まえました。



まだ他にも居るはずなので
次の日も探しに行きました。


猫様の多い地域でした。


IMG_9754



明るいところでよく見たら
元餌やりさんの
ご飯をあげていた場所には
餌やり禁止!
の張り紙があちらこちらに
貼ってありました。




IMG_9747
小柄なモフの美人さんでした。



張り紙を見ていたら
年配の男性2人に話しかけられました。
その張り紙を書いた方達でした。


餌やりに迷惑している。



ハナシ逸れますが
餌やりさんにお願いです。


可愛い。かわいそう。で
ご飯をあげてくださってるのだと思います。
それなら是非
その地域でその子達が愛されるような
餌やりをして下さい。

地域の方に迷惑がかかると
そのツケを払うのは
可愛い。かわいそうな子達です。



糞尿被害にあってる。

野良犬の時のように
野良猫も片っ端から駆除すべきだ。

石を投げても性懲りもなく庭に来る。

餌やりなんかもってのほか。

とりあえず一刻も早くいなくなって欲しい。


…………。




ここにいる子を捕まえて
不妊去勢手術しようと思う。と伝えると


捕まえるなら
連れてってくれ。
戻すな。


…………。




IMG_9748


自治会名で貼った餌やり禁止!だったので
とりあえず自治会長さんに
ちょと県発行の
「地域猫ガイドブック」
を持って話しをしに行きました。


餌やり禁止にされて
猫は減りましたか?

お腹の大きな子がいました。
半月もしないうちに出産して
猫が増えますよ。


猫を減らしたいなら
まず手術するしかないんです。
そのお手伝いは出来るのですが…




とご説明したんだけど
まぁ当然、一存では決められない。と
色よいお返事は頂けませんでした。




手術後にリターンできなくなった
小柄でモフな女の子と



IMG_9750
ポテンシャル高そうなイケニャンでした。



男の子。



とりあえずケージに入れて。
保護に切り替えようか…と思いました。


だけど
女の子も男の子も
ケージから死に物狂いで脱走しました。



IMG_9895


子猫でもないのに
無理矢理
ケージの隙間から…
そのくらい怖かったんだと思います。


ワイヤーネットを貼ったり
ネットを被せたり
対策しましたが

その度に突破されました。


その度に洗濯ネットで捕まえて
ケージに戻ってもらいました。


脱走のたびに
モノが散乱して
ムスコ達の書類が破かれたり
コードが切られたり。


さすがのムスコ達も
もう…いい加減にしてくれ…
と静かに怒られました。



IMG_9894
押入れ籠城中…


本当は
大人しくて優しい
ビビりさん達なんです。


本当なら静かなお部屋で
保護してあげたかったけど
我が家は普通のおウチに5人暮らし。
あ。4人暮らしになったんだけだ
その時はまだ5人だった。
3つの寝室に5人詰まってます。
隔離部屋に使わざるをえない
ゲーム物置勉強部屋。


ゲーム物置勉強部屋の
絶えないヒトの気配が
怖かったんだと思います。


超ビビりさん達を
保護出来る
静かな部屋がウチには無い(;ω;)



IMG_9749


ビビりさん達は脱走だけでなく
ハンストをしました。


3日ぐらいまでなら良かったんです。


4日…5日…6日…

ハンストは続きました。


伝家の宝刀ちゅーるをはじめ
いろんなご飯を
いろんなトッピングして。
温めてみたり…
片っ端から試しました。


でも食べてくれませんでした(;ω;)


食べて飲んで出してくれれば
シャー!でもヴー!でもパン!でも
いいんです。


食べず飲まず
怯え隅で固まっている姿は
少しでも良い方向に…
と願ってやってるつもりの私には
とても辛く…


1週間を迎える頃には
衰弱させてしまうのが
怖くて怖くて…


なんのためにやってるんだろ。
誰のためにやってるんだろ。


そんな気持ちになりました。


IMG_9751



それでも並行して
残りの子達を夜な夜な探したり。


でも
見つかって捕獲して手術したところで
更にその子達までの保護は
どう考えてもキャパオーバー。
今ですらご飯も食べてもらえず…


でもこのままでは
この地域で猫が増えてしまう…
どうしたらいいんだろう。
と途方に暮れながら残りの子達を
探しました。


やっと見つかった大きなお腹の女の子。
元餌やりさんが言ってた子でした。



IMG_9752

このママンも捕獲。手術。


何度も何度も
捜索したり町内を回っていたら
はじめにお会いした
糞尿被害にあわれてる男性達と再会。


立ち話でしたが
なぜ?住民でもないあなたが?
なぜ?自腹で?
なぜ?こんな面倒なことを?
という質問への答え。


そんな話を
1時間以上聞いてくれました。



ほぼ自治会長さんにした話しと同じ(笑)
自治会長さんは5分くらいでしたけど。
書きたいけど1時間分の会話なので
省略します。
飲み会セッティングしてくれたらベラベラ話します。


聞いてくれただけ
良いヒト達だったと思います。


そして
駆除も遺棄も認められない。
猫を減らすには現状、手術しかない。
妊娠していて時間的猶予もない。
と少しご理解頂きました。

餌やり禁止はやめないし
猫は大嫌い。
いなくなってほしい。
そこは何も変わらないけど
戻してもらっていい。
元からいた子で
増えるわけじゃないから。
少し譲歩していただきました。




IMG_9753


Rリターンが許されたとて…
いつものTNRでのリターンも
辛いのに…



可愛いし何とか保護出来ないかな…
でもこの地域の子、全部の保護は無理。
そしてその環境も無い。
でも、リターンしたくない…
でも食べてくれないし…


そんなコトをぐるぐる考えたけど
断腸の思いでリターンしました。


仲良く一緒に
必死に走り去る姿。
多分一生忘れられないと思います。


リターンの後

もうヤダ…もうやめよう…
TNRも保護も。
ウチ猫様だけを愛でてよう。
そんなコトを考えました。



そんな時、自治会長さんから
電話がありました。


地域猫ガイドブック熟読しました。
あの時は無下に追い帰してしまったけど
確かに餌やり禁止だけでは解決しない。
今年度はもう間に合わないけど
次年度の総会の議題に
餌やり禁止以外の方法を
取り上げられるように勉強します。

先ず町内で勉強会をします。


嬉しかったです。


出た芽はまだ弱々しくて
ちゃんと育つか分からないし
摘まれてしまうかもしれないけど。


1週間ちょい。
毎日、怖くて不安で
散々悩んだけど。



TNRだけでは解決しない。
そんな地域もある。

手術はマストだけど
並行して啓発、啓蒙も必要で…
知って頂く。ご理解頂くことの重要性。
身をもって勉強させて頂きました。


私もまた弱々しい芽。
出来ない事が多いけど。
それでも出来る事はある。
それをしよう。
己の力不足を知った1週間でした。



あとは別口こちらの2頭をTNR

IMG_9742



女の子追いかけて
来ちゃったのかな…

今まで見かけなかった子です。


春は猫男子の恋の大移動があります。
不慣れな土地ですので
交通事故も増えるかと…

飛び出て来るかも…な
安全運転を心がけましょう。


と、いうのも



IMG_9741


どっからどう見ても猫女子にモテそうな
私のどストライク♪なこの子。


交通事故かな…
顎がズレて下の犬歯が
上顎に刺さっておりました(;ω;)

時間が経ってしまっていたようで
顎のズレは固まってしまっていたそうで…
痛かったよね(;ω;)


IMG_9745


先日作った募金箱
譲渡会にひっそりと置かせて頂き
2560円ご寄付をいただきました。

このボスちゃんの抜歯代の一部に
充てさせて頂きました。

食べれないのも
痛いのも辛いもんね。
せめて美味しく食べさせたい。

ご寄付いただきました皆様。
ありがとうございました。


このボスっ子は
それでもまだ良かったんです。



閲覧注意
苦手な方ばびゅっとスクロールしてね、

















IMG_0102
お顔は写せませんでした…















先日出会った交通事故の子。
まだ温かく…
応急処置したら…と
思いましたがもう命はありませんでした。


細いけど交通量がある生活道路。



このまままで間違いなく後続車に
2度3度と轢かれてしまうので
車を停め戻り
脇に寄せたんだけど…
脇はヒト様のおウチばかり…
ヒト様のお家の前に
この子を置いて帰ったら??
嫌がらせみたいかな…
鳥にも狙われてちゃうかな…
と悩みウチに連れて帰り市の供養を
お願いしました。


パッとしないちょと市ですが
路上で亡くなった子は
民間のペット霊園さんに委託されています。
火葬後はペット霊園さんの合同墓地に。
そこはすごく市民として評価してます。

引き取りにいらしたペット霊園さんに伺ったら
9割以上の方はそのまま放置
見るに堪えない姿になってやっと
周辺にお住まいの方が回収依頼をされるそう。

回収をされる側としてはその回収は
やはり辛いそうです。

 私は遺骸をペットシーツ にくるみ
ビニール袋に入れ
家に帰り段ボールに納める。
庭の花(別名:野の花)やフードを供える。
それだけですが回収される方の
お気持ちも和らぐとの事で
コレで良いのだろうか??という私の疑問は解消されました。

私は車にペットシーツ やらビニール袋やら
ガムテープやら新聞紙やらが積みっぱなしだから
出来る事なので誰得情報かもですがご参考まで。


って思ったけど普通そんなモノ積んでないし
見たくないし触りたくないですよね…
せめて一早い回収依頼の連絡を…



TNRする身として
交通事故の子を見るのは本当に辛い。
轢いたヒトの代わりに…ごめんね。
お外で生きさせて…ごめんね。
と謝るしか出来ませんでした。
ありがとう。ありがとう。
と言って見送られる子はホント幸せです。


この子を認知して下さってた方は
いらっしゃったのかな…
旅立ちに際して
ごめん。の涙とて
誰にも泣いてもらえないのでは
切なすぎるので
遅すぎるとは承知でたくさん泣きました。
合掌



記憶力に自信が無いので。
覚書として
TNR  5頭
TN保護サポート  4頭(ラーメン屋)
搬送ボラ  6頭(含む引き取り)
譲渡  1頭(玄武)

たくさん泣いて凹んで
回復が遅れ気味な
3月のご報告でした。